東京都町田市の歯医者さん。歯科・予防歯科・小児歯科・矯正歯科・PMTC・ホワイトニング・インプラント


東京都 町田市の小川デンタルクリニック
メール相談 メール予約 モバイルサイト


診療内容の紹介
一般歯科へ
歯周病治療
予防歯科へ
小児歯科へ
矯正歯科へ
審美歯科
PMTCへ
ホワイトニングへ
インプラントへ
リラックス治療外来

メール相談する
メール予約する

ご予約・お問い合わせ電話番号 042-795-3648
トップページへ 院長あいさつへ 医院案内へ 設備案内 医院MAPへ リンク集へ

診療案内

一般歯科 >> | 予防歯科 >> | 小児歯科 >> | 矯正歯科 >> | 審美歯科 >>
| PMTC >> | ホワイトニング>> | インプラント>> | リラックス治療>>

一般歯科

 虫歯歯周病の治療、入れ歯の作製、親知らずの抜歯など一般的な治療を行います。

むし歯の進行


C0 : 経過観察のむし歯
C0 : 経過観察のむし歯

 歯の表面が浅く溶け、白く濁ったり褐色で透明感が無い状態です。
虫歯になる前兆ですが削る必要はなく、歯科医院にてブラッシング指導や再石灰化を促したりし、自然治癒を目指します。
 また、フッ素を塗付することで、虫歯になりにくい歯質を作ります。
 小児の場合シーラントなどの対処法もあります。

C1 : エナメル質のむし歯
C1 : エナメル質のむし歯

 表面の硬い部分(エナメル質)が溶け始めた状態で、既にむし歯の進行は始まっています。まだ痛みはありませんが放っておくとどんどん進行します。
 この段階の治療は、再石灰化の促進を最優先しますが、削らなくてはいけない場合には、できるだけ削らないように治療します。

C2 : 象牙質のむし歯
C2 : 象牙質のむし歯

 虫歯が進行しエナメル質を破壊して、象牙質まで達した状態です。
 象牙質は柔らかいため進行も早く、虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれて、冷たい物や熱いものがしみるようになります。神経までは達していませんが、虫歯におかされた象牙質を除去しなくてはなりません。麻酔が必要となる場合が多いです。

C3 : 歯髄に達したむし歯
C3 : 歯髄に達したむし歯

 虫歯が歯髄まで進行し、歯にぽっかりと穴が開いている状態です。
 炎症(歯髄炎)を起こし、ズキズキと激しい痛みが出てきます。炎症が歯髄まで達しているため、歯髄は死んでしまいます。ですが、死んだ歯髄や、汚れた象牙質の除去(根管治療)を行うことで、この歯を助けることができます。

C4 : 残根状態のむし歯
C4 : 残根状態のむし歯

 歯の頭の部分(歯冠部)がむし歯により崩壊し、歯根だけが残った状態です。こうなると歯髄は死んでしまうので、激しい痛みを感じなくなります。さらに歯根の先に袋状に膿がたまりだし、歯を残すことも困難になります。
 抜歯しなければならないことが多い状態ですが、根管治療を丁寧に行うことで保存することもできます。

予防歯科

 虫歯や歯周病の発症を未然に防ぎます。

唾液検査
 毎日歯磨きしているのに、どうして虫歯になるんだろう?
 ・・・と思ったことはありませんか?

 虫歯になりやすい原因は人それぞれ異なります。そのため唾液検査で自分の虫歯になりやすい原因や体質を知り、それを改善することで、より簡単に、より確実に虫歯予防ができます。

 検査は5分間ガムを噛んで唾液を出していただくだけで、約30分後に結果がでます。この結果をもとに一人一人に合った予防法をご提案します。

 《 検査する項目 》
 (1)虫歯の原因菌であるミュータンス菌やラクトラバチスの数。
 (2)唾液の分泌量。
 (3)唾液緩衝能(虫歯への抵抗力)。 など
フッ素塗布
フッ素塗布  フッ素には虫歯を予防する効果があり、定期的に歯医者さんでフッ素を塗ることで、
  1. 歯を強くします。
  2. 初期の虫歯を修復してくれたます。
  3. 虫歯菌が出す酸の産生を抑制します。
シーラント
 磨きにくく、虫歯になりやすい奥歯の溝を「シーラント(プラスチックを流し込む)」で埋めてしまい、虫歯から歯を守る方法です。特に生えたばかりの歯は柔らかいため、とても虫歯になりやすい状態です。生え始めの予防が大切です。
ブラッシング指導
 磨き方の基本から、その方に合ったブラッシング指導を行います。
 歯をしっかりと磨けるようになって、予防法を身につけましょう。

小児歯科


小児歯科  小児の虫歯予防の大きな要因は、両親と共にあると言えます。なぜならば、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には「ミュータンス菌(むし歯菌」)はいないからです。お子様に菌を移さないためにも、まずは自分達のお口を健康な状態に戻すことが大切です。

ダイアグノデント
 当院では、お子様の大事な歯を過剰に削らないために「ダイアグノデント(虫歯発見器)」を使って、虫歯の進行程度を測定し、治る虫歯かどうかを判定したうえで治療を行っています。

 また当院では、虫歯にならないための予防処置歯みがき練習咬合誘導(歯並びの改善)も積極的に行っています。

矯正治療

 早い時期から矯正治療を始めることで、歯を抜かずに歯並びを改善したり成長の過程で起こる様々な問題(受け口、出っ歯など)を予防することができます。

 これは子供の成長力を利用するもので、自分自身で取り外しのできる装置を使います。基本的に幼稚園や学校には使用せずに治療していきます。ご自宅で約10~11時間(睡眠時間も含めて)使用できれば十分です。小さいお子さまから使用できる装置なので痛みもありません。

 また大人の歯に全て生え替わったお子さまには、通常の矯正治療も行っています。もちろん大人の方の矯正も行えます。前歯には透明な装置をつけるので、仕事からプライベートまであまり目立ちません。

矯正治療の流れ

  • はじめに歯並びの悩みやご希望などをお伝え下さい。
    矯正治療の内容についての説明や質問にお答えします。
  • 最適な治療計画を立てるため必要な検査を行います。
    検査内容(歯の模型 顎のレントゲン撮影、歯や顔の写真)
  • 検査結果を元に治療方針や期間、使用する装置などを説明します。
    説明後、矯正治療をご希望であれば治療を開始します。
  • 虫歯などがある場合、矯正治療を開始する前に治療します。

矯正治療の症例写真1

反対咬合(治療前)
反対咬合(治療前)
反対咬合(治療後)
反対咬合(治療後)


矯正治療の症例写真2

叢生(八重歯)&反対咬合(治療前)
叢生(八重歯)&反対咬合(治療前)
叢生(八重歯)&反対咬合(治療後)
叢生(八重歯)&反対咬合(治療後)


矯正治療の症例写真3

側方開咬(治療前)
側方開咬(治療前)
側方開咬(治療後)
側方開咬(治療後)
 ※できるだけ抜かない矯正治療を心がけております。

審美歯科

 笑う時いつも口をおさえてしまう、銀歯が見えて気になる笑顔に自信を持ちたい、そんな方にお勧めします。
 人工歯にはクラウン(被せ物)とインレー(詰め物)があり、素材にも様々な種類があります。
 クオリティー、生体親和性の高い材料を使い、自信の持てる笑顔のお手伝いをいたします。

 審美歯科とは見た目の美しさと、口腔機能の回復との両立させる治療です。
オールセラミック
オールセラミック  前歯の治療に多く使用します。セラミック(陶材)を素材に使ったもので、なにより生体親和性が最も高く耐久性にも優れていますので、金属アレルギーでお困りの方にも自信を持ってお勧めいたします。
 天然歯に近く、長期間の使用でも色の変化がありません。
メタルボンド
メタルボンド  セラミックに金属を裏打ちしたものです。オールセラミックよりも耐久性に優れていますので、ブリッジなどの連結歯に向いてます。
 より審美性を求める方には、ゴールドで裏打ちしたメタルボンドもあります。
ラミネートベニア
ラミネートベニア  ホワイトニング(ブリーチング)等でもお望みの白さにならない方や、すきっ歯や前歯が短いなど気になる方にお勧めです。
 ほんの少しだけ歯の表面を削り、セラミックの薄い板を貼り付けます。付け爪のような感覚で、短時間の治療で白い歯に生まれ変わります。
ハイブリッドセラミック
 セラミックとプラスチック(レジン)を混合した新素材です。
 オールセラミックに比べ審美的には劣りますが、割れにくさが増してますのでインレーなどに多く使用します。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

 ホームケアだけでは取れないバイオフィルム(プラークの塊)を、専用の器具とブラシを使って約30分でお口の中をきれいにします。最近歯の汚れが気になってきた方にもお勧めです。

 プラーク(歯垢)や歯石だけでなく、歯の着色(タバコのヤニ、茶渋)が落ち、本来の白い歯に戻るだけでなく、虫歯や歯周病、口臭の予防・改善にも効果的です。

PMTCの流れ

  • 染出し液を使ってお口の中の汚れをチェックし、清掃状態や磨き方のコツについてご説明します(歯の染出しは、ご希望の方のみ行います)。
  • 専用の器具を使って歯石を細部まで取っていきます。
  • パウダーにより歯の表面に付着しているヤニや茶渋などの着色をとります。
  • 専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や歯の表面を1本ずつ丁寧に磨いていきます。
  • 仕上げに歯を強くするフッ素で歯の表面をコーティーングします。

ホワイトニング

ホワイトニング
 年齢や生活習慣(タバコ、コーヒー、茶など)とともに歯は黄色く変色してきます。ホワイトニングは、歯の変色を防ぎ、削らずに歯を白くする方法です。

 白い歯は、笑顔をより美しくします。オフィスホワイトニング(医院でのホワイトニング)により短時間で気軽に歯を白くできます。

オフィスホワイトニングの流れ(1時間~1時間半)

  • まず最初にホワイトニングについての説明を行います。
  • シェードガイド(歯の色見本)で処置前の歯の色を確認します。
  • 歯の表面のお掃除を行います。
  • 歯肉に薬剤が付かないように、歯肉保護剤を塗布します。
  • 歯の表面にホワイトニング薬液を塗布します。
  • 15分間塗布し、それを2~3回繰り返します。
  • フッ素を塗布します。
  • 処置後の歯の色の変化を確認します。

インプラント

インプラント  インプラントとは失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する画期的な治療法です。

 顎にしっかりと固定されているので、入れ歯のようなガタつきもなく、自分の歯のようにしっかり噛めるようになります。またブリッジのように健康な隣の歯を削ることもないので他の歯の寿命を縮めません。

インプラント治療の流れ

1、診査と治療計画
 インプラント治療に必要な診査を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。その後治療計画を立てます。
2、フィクスチャーの埋入
 歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。局所麻酔を用いて行いますので、痛みはありません。不安の強い方には、「鎮静法」によってリラックスした状態で治療が受けられます。
フィクスチャーの埋入
3、治癒期間
 骨とインプラントがしっかり結合するまで治癒期間を設けます。
 (通常3~6ヵ月)

 ※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
 ※この間、必要に応じて仮歯を入れることもあります。
治癒期間
4、アバットメントの連結
 人工歯の土台となるアバットメントをフィクスチャーに連結します。
アバットメントの連結
5、人工歯の装着
 型をとって人工歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着します。
6、メインテナンス
 インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるために適切なホームケアと定期的な検診を行っていきます。

インプラント治療には事前の詳しい検査が必要です!!
 インプラント治療は大変有効な治療法ですが、誰でも簡単に行えるものではありません!
 そのためしっかりと長持ちするインプラントを安全にご提供するため、インプラント治療を開始する前に詳しく検査させていただいています。

 担当医は、大学病院のインプラント科で毎日インプラントに関わる治療を行っており、経験も豊富なため安心して治療をお受けいただくことが出来ます。

リラックス治療外来

リラックス治療外来  皆さん、歯医者さんに対するイメージはどのようなものでしょう。

 きっと、歯医者さんに行くのが楽しい、ウキウキするという方はほんのわずかだと思います。多くの方が歯医者さんに行くのは憂鬱でしょう。なぜなら、痛い怖い削る音がなんとも嫌型を採る時オエッとなる、といったイメージがあるからだと思います。

 本来ならば虫歯になる前に予防をする必要があります。しかし、どうしても怖くて歯医者さんに行けず、虫歯を悪化させてしまったり、重度の歯周病まで進行し、歯を抜かなくてはならない状況になることが数多くあります。

 リラックス外来(無痛治療)では、そういった歯科医院への恐怖感をお持ちの方に対し、鎮静麻酔で寝ている間に虫歯やその他の歯科治療を行っていきます。(静脈内鎮静法)

 《 検査する項目 》
  1. 歯科治療が怖くて、歯医者さんに通えない方。
  2. 緊張で身体がこわばってしまう。
  3. 嘔吐反射が強い方。(オエッとなる。)
  4. 注射が恐い。
  5. インプラント手術や親知らずの抜歯など侵襲が大きい処置を行う方。
  6. 歯科処置をより快適に受けられたい方。

リラックス治療外来の流れ

  • 初診時、問診など全身的なことを詳しくおきかせ頂きます。
    場合によっては血液検査、心電図をお取り頂く場合もあります(内科にて)。
  • まず、腕に点滴をし、そこからお薬を入れていきます。
  • 少し眠たくなってきたところで、処置を始めていきます。
    点滴からのお薬には鎮痛効果はありませんので、処置によってお口の中に麻酔の注射が必要なときは合わせて行います。(健忘(忘れる)効果により、口の中に麻酔をしたことなどは覚えていないことがほとんどです。)
  • 眠気がとれるまで少しお休みしていただき終了です。

 個人差はありますが、処置終了時より1~2時間でお帰り頂けます。
 ただし、当日は車、バイク、自転車などの運転は出来ませんのでご注意ください。

 ※治療がどうしても恐いという方は、お気軽にご相談ください。